音楽と並ぶ私の趣味として読書がありますが、その中でも特にミステリー小説が大好きです。このコーナーでは、今まで読んだ本のなかから「これは素晴らしい!」という作品を毎月1冊ご紹介していきます。

今回取り上げる作品は雫井修介「火の粉」です。

雫井修介と言えば、豊川悦司主演で映画にもなったベストセラー作品「犯人に告ぐ」が有名ですが、今回の「火の粉」も映画の脚本に選ばれそうな作品と思ったら、すでにTVドラマ化されていたようです。

殺人事件の被疑者だった男が無罪となり、2年後にその無罪判決を下した元裁判官の隣に引っ越してきます。これは偶然なのか…?。やがて元裁判官の家の周辺で、次々と不可解な事件が…。

2年前の判決は果たして正しかったのか?元裁判官は、いち早く疑念を持っていた息子の嫁と調べなおします。そして驚愕の結末が…。

隣人の恐怖を描いた作品は、内外問わず数多くありますが、この作品は秀逸。圧倒的な筆致でぐんぐん読ませます。

来年には日本にも裁判員制度が導入されます。そういった意味でも興味深い作品です。

それではお楽しみ下さい。

店内ギャラリーコーナーにある蔵書の一覧です。
ご来店の際にはご自由にお読み下さい。
はレビュー有)

極大射程 私が殺した少女 葉桜の季節に君を想うということ
失踪者 あした天気にしておくれ 悪意
魔球・放課後・卒業    
長い腕  オルファクトグラム  深追い 
犯人に告ぐ  赤い指  グロテスク 
生首に聞いてみろ  カタコンベ  時をきざむ潮 
風のターン・ロード  闇の底  DZ(ディーズィー) 

▼music 〜ミステリー
・今月のオススメ
ターナーズ図書館





▼更新情報
2013/04/25
[新規]移転のお知らせ
2013/01/01
[更新]イベント
[更新]動画ライブラリ
2012/10/13
[更新]イベント
[更新]動画ライブラリ

更新履歴
■ Tanar's Joke blog ■


▲携帯のQRコード


※LINK FREE
当サイトはリンクフリーです。下のバナーはご自由にお使い下さい。


一部コンテンツにFlashを使用しています。うまく表示されない場合は下のバナーからダウンロードしてください。