音楽と並ぶ私の趣味として読書がありますが、その中でも特にミステリー小説が大好きです。このコーナーでは、今まで読んだ本のなかから「これは素晴らしい!」という作品を毎月1冊ご紹介していきます。

今回紹介する作品は、私の最も好きな作家、東野圭吾の「悪意」です。

ある殺人事件が起きます。普通だったら、犯人は誰か?ということになりますが、この「悪意」では、早い段階で、犯人が捕まります。

しかし、この作品は『犯人の動機は何なのか』を深く掘り下げます。

そして、真の動機が何なのか判明した時、この犯人の恐ろしい目論見、企みが見えてきます。

ひとりの人間が持つ“悪意”が、これほど恐ろしいものなのか、ということをまざまざと見せつけられ、考えさせられます。

東野圭吾のひとつのシリーズである、加賀刑事の登場作品です。東野作品の中でも、上位ランクの作品だと思います。

それではお楽しみ下さい。


▼music 〜ミステリー
今月のオススメ
ターナーズ図書館





▼更新情報
2013/04/25
[新規]移転のお知らせ
2013/01/01
[更新]イベント
[更新]動画ライブラリ
2012/10/13
[更新]イベント
[更新]動画ライブラリ

更新履歴
■ Tanar's Joke blog ■


▲携帯のQRコード


※LINK FREE
当サイトはリンクフリーです。下のバナーはご自由にお使い下さい。


一部コンテンツにFlashを使用しています。うまく表示されない場合は下のバナーからダウンロードしてください。